スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーゲーム・ノーライフ 第2話「挑戦者(チャレンジャー)」

意外な面白み。

話のノリが見えてきて、結構楽しみになった。


正直、第1話を見た時点では殆ど期待していなかった作品。ゲームの達人なれどそれが度が過ぎて現実に対しては、リアルはクソゲー、などと抜かすとはどこぞの神様のような発言だし、勝負事で全てを決める異世界に召喚とは『問題児たちが異世界から来るようですよ』みたいだし、と根本をなす奇抜な筈の設定がことごとくどこかで聞いたような感じなのである。更に、ゲームの達人とか、勝負事で全てを解決とか言うわりには肝心な勝負のシーンが妙に雑で何をやっているのか分からないのも気になった。そして、OP映像の男女比が明らかにおかしいのも私のやる気を奪うのに拍車を掛ける。

しかしながら、今回はそういった引っ掛かる点はあまり無くそこそこ面白かったです。あのじゃんけん勝負はあそこまですると言ったもん勝ちというか、捻り過ぎて逆に心理戦ではなく運ゲーになってるのではないかという気もするが、ああいう雰囲気自体は嫌いではない。むしろ好きである。もっと最初からこういう真面目に勝負強いところを見たかった。いきなり勝ったという結果だけを残したり、両手両足で四つのコントローラー操るなんてギャグをやるんではなくてさ。

今のところは、であるが無意味に女性を侍らせていないのも好感が持てる。特にステフが勝負の要求として出された「俺にほれろ」という命令に従わされているだけという関係なのが中々上手い。と、思ったがこの件についてはそれからまもなく盟約の効果と関係なく本気でほれ込んでるような描写がアッサリとあって少し残念だ。せっかく作った面白い状況なんだからもう少し活かせよ。ま、これはこれで初期の印象の悪さから認識を改めていくという古典的ネタが見られそうで良いが。

引っ掛かったのは言語の壁ぐらいですね。いや、習得が早いことではなく。会話は最初からいきなり成り立っているのに、文字は読めないというのがなんかチグハグ。確かに現実には文字を読めない人というのは何も問題は無いのですが、こういう異文化に放り込まれた状況でやられるとなんか不思議というか納得行かない感じがする。


さておき。やたら“駆け引き”を重点しているし心理戦というか、知略を交えた戦いが今後見られるのなら実際楽しみと言わざるを得ない。ストーリーそのものもそれなりに気にはなるが。
スポンサーサイト

テーマ : ノーゲーム・ノーライフ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ノーゲーム・ノーライフ 第2話「挑戦者(チャレンジャー) 」

ステフがチョロすぎます(笑) 勝負に負け、空にフラグを立てられてますよ(^^;    身ぐるみはがされたステフにジャンケン勝負で勝った空。 首尾よくエルキア王城に入ることになる… 十六の種族の中で最弱の人類種(イマニティ)は滅亡寸前。 天才的ゲーマーの空白兄妹は、人類種の救世主となるのか?  

ノーゲーム・ノーライフ 第02話 感想

 ノーゲーム・ノーライフ  第02話 『挑戦者《チャレンジャー》』 感想  次のページへ

ノーゲーム・ノーライフ 第2話「挑戦者(チャレンジャー)」

キャラ設定が実に秀逸。 二人でいれば無敵の兄妹、ところが少し離れただけで大ぱにっくに。 一人になっちゃうとダメダメなのか。 思わぬ弱点が明らかに、今後の勝負に影響しなければよいのですが。 身ぐるみ剥がされちゃったステファニーちゃんは勝負事向いてないですよね^^; 時々リアクションが某テレポート娘になってて笑った。 しかもお付きのメイドさんの中の人がww 現場で演技指導してる...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。