スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーゴースト 第20話「炸裂!炎の友情!」

ユウジョウ、分からない。何のことだ。

眼魔の連中が基本的に友、友情という概念をよく分かっていないのがとても異質な知性という感じがして良かったです。画材が死ななかったのは少し肩透かしだが、この際死ぬかどうかは大して重要ではないしな。根本的に引っ掛かるのはやはり、普段なら怪しい奴は直ぐぶっ殺すぐらいのノリなのに、この話に限って根拠も不明瞭にいつも違う気がするから生かそうとしたことぐらいですね。そもそものコンセプトが普段と合っていないと言う。それ位だ。

長々と尺をとった画材との関係こそ違和感があったが、アランとタケルとの敵対だけは微塵もぶれない。今までの流れから考えれば寧ろ当然だが、これが良い。ここをなぁなぁにしないのが本当に良い。この作品のこういうところが本当に好みです。


だが、そんなことより何よりインパクトがあるのはラストシーン。長官、長官だと、何者だ、仙人ではないのか。いや、この展開は本気で予想してなかった。確かに、前々から仙人は怪しかったが、不思議と考えが至らなかった。まぁ、一つだけ言い訳をさせてもらうと、仙人の怪しさは怪し過ぎて怪しくないタイプだという可能性を考えていたから。うん、所詮言い訳だがね。

なお、アラン(出番が多い。ライバル)、アデル(アランの兄)、アリア(アランの姉)、アドニス(アランの父。大抵陛下)。これがアランの家族である。名前を“ア”から始めなければいけないという決まりでもあるのか、この一族。
スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダーゴースト
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

11番の日記

Author:11番の日記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。